フットサルを始めよう!

フットサルを楽しもう

フットサル(Futsal)は、サッカーの4分の1ぐらいの大きさのコートで、5対5でプレーするサッカーに似たスポーツです。
1989年に国際サッカー連盟(FIFA) がフットサルも管轄することになり、1994年には世界共通の統一ルールをまとめました。
フットサルの名は、サッカーを表す「futbol(スペイン語)」・「futebol(ポルトガル語)」と、室内を表す「salon(スペイン語)」・「salao(ポルトガル語)」の合成語です。
スペイン語の「futbol de salon(フットボール・デ・サロン、意味は「室内で行うサッカー」)」の名称が、いつの間にか短く略され、「フットサロ」→「フットサル」と変化して、全世界で定着していったようです。
1998年の日本代表のワールドカップ出場、2002年の日本のワールドカップ開催などをきっかけに、日本でもサッカーへの関心が急速に高まっていく中、日本のフットサル人口もここ数年で、爆発的に伸びています。
その実態は、まだ正確に把握できていないようですが、数年前には10万人ほどと言われていたプレー人口が、2003年には100万人といわれています。
フットサルの最大の魅力は、性別、年齢に関係なく楽しめる点です。
ルールの上でも、フットサルはサッカーよりも、接触プレーに厳しく対処するようになっていて、より安全にプレーできるよう定められています。
プレーしている年齢も、その中心は20代、30代ですが、最近は子供中心の大会や、シニア向けのフットサル教室など、年齢層も幅広く拡大しています。